お金 借りたい

お金を借りたい時に審査に通るためのコツとは

お金を借りたいときの審査のコツ

キャッシングに申し込みを行うとどこの貸金業者でも審査があり、審査に通らないとお金を借りることはできません。
そこで審査に通るためにぜひ覚えておきたいコツがあります。

 

基本的に20歳以上で毎月安定した収入のある人であれば審査は通ると言われているため、現在働いていて勤続年数が長い人は積極的にアピールしましょう。
また現在の住居は賃貸よりも持ち家の方が安定しているとみなされる傾向にあり、また万が一の時の連絡先として携帯電話と固定電話の両方があることが望ましいです。

 

当たり前のことですが申込書にウソは書かないことです。(ウソを書いてもいずれはバレてしまいます)

 

ちなみに審査は銀行よりも消費者金融の方が甘いと言われています。
そのため現在働いていない人(無職や専業主婦の人)がお金を借りたい時や、できるだけ急いで借りたい人は審査の甘い所を選びたいものです。

お金を借りたいときに注意すること

 

そして金利で選びたいのであれば銀行の方が低い傾向にあります(その分審査は厳しいです)。

 

現在働いているけど既に年収の1/3以上の借り入れがある場合「総量規制」という法律によりこれ以上借りられません。
この法律は消費者金融に適用されるため、このような場合は銀行を選ぶほうがよいでしょう。

 

モビットの限度額を増やす

学生がお金を借りたい時には

お金を借りたいときに仕送りはあるのか

ある調査によると親元を離れて学校へ通う学生への仕送り額は毎年減りつつあると言われています。
そこで「親からの仕送りを使ってしまいお金がない!」という大学、大学院、短大、専門学校生の人に消費者金融や学生ローン専門の貸金業者が貸し付けを行っています。
これらのキャッシングは20歳以上で安定した収入のある人であれば利用することができます。(20歳以下の場合は親の同意書が必要です。)
つまり学生でもアルバイトをしている人であれば比較的審査に通る可能性は高いと言え、同じ職場に1年以上働いているのであれば申し込みの際にぜひアピールしてみましょう。

 

限度額が最大でも10万円程、また金利が低く設定されていますが、30日以内であれば無利息で利用できる所もあります。

 

お金を借りたいときはキャッシング

親や学校へ連絡が行くこともなく、申し込みの際は身分証明書を提出する必要はありますが、学生証でなくても大丈夫です。
もちろん誰でも審査に通る可能性があるわけではありませんが、申し込んでみる価値はあるといえます。
自分が審査に通るかどうか不安な場合はインターネットでお試し診断(3秒診断やお借入診断などの名前もあります)をしてくれるサイトもありますので一度試してみることをおすすめします。

 

そして仕送りやアルバイトでお給料が入ったら必ず返済するようにしましょう。